TOSS熱海合宿に参加してきました

9,10日と熱海合宿に参加してきました。2日間にわたり、各教科等のすばらしい模擬授業、講座などがありました。最先端のものばかりでした。

1日目はテーマこそ「3学期教材新法則化シリーズ+α」になっていたが、数年後、あるいはその先を見越したものでした。「α」の部分がすごかったです。今回の熱海では、これを今までに以上に強く感じました。

文科省から新しい動きが次々と発信されています。それをキャッチして、どのように授業を創り出していけばあいいのか、どういった授業が求められているのかがはっきりと分かりました。

もう1つ感じたことは、向山先生の実践の分析です。既に実践されてから20年、30年以上経っているものが多いのですが、現在でも受け継がれ、輝きを保っています。まさに珠玉の実践です。

向山先生の実践に新たな分析がなされ、今まで我々が見逃してきたことに気付かされるもことも多かったです。竹山君のお別れ会の歌は、昨年11月に手に入れてから何度が聞いてきましたが、谷先生の分析を聞きながら、大きな会場で聞くと改めてそのすごさが分かりました。

分科会では、将来を見越した社会貢献活動などの取り組みが報告されました。2つの分科会に参加して、発表を聞き、レポートを手に入れましたが、今後の動きの参考にしていきたいと思います。

すばらしい2日間でした。

コメント


認証コード1035

コメントは管理者の承認後に表示されます。