サマーセミナー すごかった

昨日、サマーセミナーに参加してきた。このサマーセミナーは始まってから1回しか欠かしたことがない。20回以上は参加していると思う。

 そういった中で、昨日の高段者の先生方は次々と展開される模擬授業は今までで最高であった。それぞれの教科領域にわたって、新学習指導要領を見据え、こんなことができるのだと驚くことばかりであった。

 プログラミング学習、アクティブラーニングが中心となるテーマであったが、それを模擬授業という形で示された。異次元の世界にいるような気分であり、ひたすら、次々と展開される授業に見入っていた。

 サマーセミナーの参加者層も変わった。私が若い頃、参加していたときの顔ぶれはあまりみられなくなり、若い世代がぐっと増えているのを感じた。また、県によって勢いが違うことも感じた。愛媛はもっともっとがんばらないといけない。

 最後の向山先生のお話。私は、このサマーセミナーの向山先生のお話を聞くことを1つの節目と考えてきた。1年間現場でがんばり、夏に話をお聞きして、エネルギーをたくさんいただき、2学期から1年間がんばるという気持ちになってきた。
 そして終わった後、出口の所で一人一人と握手をしてくださる。20年以上ずっと続いている光景である。団体の代表の方がこういったことをされる研究会はないだろうと思う。ありがたいことだと思う。

 地元に帰って学んだことを伝えていきたい。ライブでの学びは伝わらないだろうが・・。

コメント


認証コード6650

コメントは管理者の承認後に表示されます。