伊予市児童センター「みんくる」での、脳トレ教室

伊予市児童センター「みんくる」で「脳トレ教室」を実施した。日曜日の午後であったが、17名の参加者があった。伊予市の小学生が大部分で、遠く松山から来ていた子もいた。

伊予市児童センター「みんくる」での、脳トレ教室

 まず、1分間じゃんけんを2回した。最初は勝った数を、その次は負けた数でチャンピオンを決めた。知らない子同士が多かったが、これで慣れることができた。

 次に「どこどこ」の冊子を使って、アタマ元気どこどこをした。今回使ったのが「学校生活編」である、全員分を用意していたが、1部だけ足りなくなり、「みんくる」の職員の方がカラーコピーをしてくれた。
 次々と子ども達は、見つけていった。とても楽しそうであった。見開き2ページ分だけして、残りは家でやってねと伝えたが、待ちきれずに合間の時間などにしている子が多かった。
 保護者が6人いたので、これはワーキングメモリを鍛える教材であることを簡単にお伝えした。

 その後、百人一首。青札をした。1年生から6年生までいたが、3人以外は初めてである。でも、必死で札を探していた。2回したが、2回目にはもう慣れていた。優れた教材はちがうなあと思った。

 最後に、オーバークラフトを作った。四角い穴をあけたビニール袋に両面テープをくっつけた厚紙をつける。これでできあがりである。あと、マジックで自分なりのもようを書かせたりした。持って来ていた「わくわくこんちゅう図鑑」を渡すと、それを見て書いている子もいた。

 これだけして1時間である。どれも楽しかったようで熱中して取り組んでいた。

コメント


認証コード6658

コメントは管理者の承認後に表示されます。