オレンジバイキングス・ヤマキ

松山の総合運動公園で、Bリーグ(プロバスケット)の試合があった。愛媛のオレンジバイキングスと岩手のビッグブルスの試合である。

 そのロビーで、鰹節削り体験事業をさせていただくことになった。ヤマキ本社(東京)からも社員の方が手伝いに来てくださった。

20170226blog 20170226blog 20170226blog 20170226blog

 今回の体験事業では今までの教室内でする固定された子ども対象ではなく、流れている人たちだった。 今までの異なるパターンで最初は戸惑っていたが、でも、慣れてくるとスムーズにすることができた。若い先生や地元のボランティアの方が手伝ってくれた。
 
 途中で少し、試合を観戦することができたのもよかった。迫力があった。
 鰹節削り体験コーナーには、たくさんの子どもたち(だけでなく関心のある大人も)が来てくれた。
 参加賞はやはり、ふりかけのほうを希望される方が多く、そちらはほとんと残らなかった。 100用意していただいていたので、きっと90人くらいの手にふりかけが渡ったと思う。 あと、ファイルを選んだ子もいたので、150人くらいきたのではないかと思う。
 
 今回、思ったことは、場所がよかったこと、試合を参観に来ていた小中学生、高校生などに鰹節の良さを広げることができたこと、大人でも関心のある人が多かったことなどである。
 
 ただ、ヤマキ本社工場のある、伊予市に近いところでありながら、削り節のことを知らない人がほとんどだという事実に驚いた。 こういった体験事業は来年度もぜひ、続けていきたいと思った。

コメント


認証コード2018

コメントは管理者の承認後に表示されます。