郵便局局長さんら28名参加、大盛会の郵便教育交流会

2月25日に日本郵便四国支社(松山市)で、第4回目となる郵便局と四国内のTOSSとの交流会を開催しました。郵便局の局長さんや四国支社の幹部の方など28名の郵便局からの参加がありました。四国各地から参加してくださいました。TOSS側は愛媛、香川、高知から12名でした。

第4回郵便局とTOSSの交流会

内容は次の通りでした。模擬授業では、例年通り、郵便局の方も挑戦してくださいました。
(1)郵便局からの挨拶・自己紹介(10分)
(2)四国4県の郵便局とTOSSとの交流 発表(5分×4県)   
(3)郵便教育と他のイベントとの連携
  →郵便教育とのつながりをどう広げていくか
 ?子ども観光大使 ?親守詩 ?高校での郵便教育 ?風景印
   【休憩 10分】
(4)模擬授業4人
(5)今後の四国の郵便局とTOSSとの連携に期待する 
(6)今後の予定など QA アンケートなど 
    ※来年度の郵便教育セミナー(高松)
(7)郵便局挨拶 5分

 郵便局の方は子どもの立場に立って、模擬授業を受けてくれました。とても盛り上がって、あっという間に2時間が過ぎました。
 「現場の様子がよくわかり、これからもTOSSさんと協力して郵便教育を進めていきたい。」と多くの方から言っていただきました。 終わった後、昼食会も実施して交流を図りました。
 
 4年前にこの四国内の郵便局局長さんとの交流会を始めて4回が終わりました。毎回、多くの郵便局の方、四国支社の方が参加してくださり、大好評です。今回もそうでした。ありがたいことです。

コメント


認証コード9655

コメントは管理者の承認後に表示されます。