大学での親守詩づくり 37名から84句

 大学での宿泊体験学習の夜、親守詩づくりをしました。参加者は小学生28名 中学生3名 大学生6名の37名でした。親守詩とは何か、作り方などを分かりやすく説明したあと、作品作りをしました。

 全ての参加者が初めてのことでしたが、いろいろと苦労しながら作っていました。
 全部で、84句も集まりました。30分ほどのことです。多い子では5句も作っていました。

 閉会式の時に、12名の子が表彰されました。賞品もありました。後ろでは保護者も見守っており、嬉しそうにされていました。大学生の入選作品も4点ありました。

 この作品は1月にあるえひめ親守詩大会に出す予定です。保護者から了解をいただきました。
 こういった形で徐々にではありますが、親守詩を広げて行きたいと考えています。

代表的な作品

・おしえてね しんどくなったら むりせずに(小学3年生)

・いつまでも支えてくれるパパとママ(小学4年生)

・おじいちゃん 私が死ぬまで 生きててね(小学4年生)

・伝えたい でも はずかしいありがとう(中学1年生)

・側離れ 改めて知る あたたかさ (大学4年生)

・着いたとき においで分かる ありがとう (大学4年生)

コメント


認証コード9865

コメントは管理者の承認後に表示されます。