新居浜郵便局手紙の書き方教室 総勢105名の参加

9月26日(土)に、新居浜郵便局で「第5回 手紙の書き方教室」を開催しました。報告いたします。
「お礼新聞」も添付しています。

参加者 児童 54名
幼児 9名
保護者 31名 
TOSS新居浜 4名
郵便局関係 7名  合計 105名でした。

参加申込をされていたのですが、会場の都合などで30名以上の子どもが入れません でした。
申し訳なかったです。重松局長さんと話して、2月に第2回目を考えています。

 今年は次のような工夫をしました。

1 あらかじめ、自分の住所、氏名などをメモしてくる。
(すると、書いた手紙をそのまま投函し、どのように動くかが分かる)

2 人数が多いので、2つのグループに分けて、「郵便局内探検」と「チャレラン」をする。

以下、感想です。

(子ども)

◆今日はすごく楽しみにしていました。ハガキの書き方やゆう便局の中に入ったりして楽しかったです。また、来たいなあと思いました。初めて参加して すごくいい1日になりました。(5年生)
◆ 今年で2回目です。今年は友だちといっしょに来たので楽しかったです。(2年生)
◆ふだん、見られない場所を見ることができて、とてもきちょうでした。来年も来てみたいです。外国からの手紙も見られてよかったです。(4年生)
◆手紙を分ける機械ははやかったです。(3年生)

(保護者)

◆普段、見ることができない郵便物の仕分けの様子が見られてとてもよかったです。 子どもには葉書の書き方を教えていなかったので、このよ うな機会に丁寧に教えていただくことができてよかったです。ありがとうございました。
◆初めて参加して郵便局内に入りました。小学校1年生でいろいろなことに興味を持ちだしたのでわくわくしながら入りました。 手紙を書くことは 作文の練習にもつながるのですごくいい勉強になりました。
◆郵便物を分別する機械など、知識として知っていても目の前で見ると、子供心に返って 少しわくわくしてしました。とても有意義な時間を過ごすこ とができ、大変よかったです。

コメント


認証コード3163

コメントは管理者の承認後に表示されます。